G線上のあなたと私の原作漫画のネタバレや登場人物など

10月15日から放送開始のTBSの火曜ドラマ『G線上のあなたと私』ですが、これはいくえみ稜さんの同名コミックが原作となっています。

今回は、もう連載が終了しているこのドラマ『G線上のあなたと私』の原作漫画のネタバレを、ドラマのキャストの紹介とともにお伝えしていきます。

原作漫画の結末までをお伝えしますので、ネタバレを知りたくない方はご注意ください!

☆G線上のあなたと私の1話を見逃してしまった方はこちら
G線上のあなたと私動画1話の見逃し配信【30日間無料】

G線上のあなたと私の基本情報【キャスト】

ドラマ『G線上のあなたと私』は、2年前にいくえみ作品『あなたのことはそれほど』で同じ枠に出演した波留が主演するということでも話題ですね。

では、どんなキャストが出演するのか、ご紹介していきます。

■小暮也映子(27):演じるのは波留

元OL。現在家事手伝い。実家暮らし。寿退社間近で婚約破棄され、その日、ショッピングモールで聴いたバイオリンの生演奏がきっかけで大人のバイオリン教室に通うことになる。バイオリンに打ちこむことで失恋の傷を癒やし、教室に通うことが一番の楽しみになっていく。明るく努力家で、気遣いもできるがメール及びスマホが苦手。

■加瀬理人(19):演じるのは中川大志

也映子のバイオリン仲間の大学生。兄の元婚約者であるバイオリン講師・久住眞於に恋をしている。実家暮らし。基本的にぶっきらぼうで恋には不器用なイマドキ男子のイケメン。

■北河幸恵(46):演じるのは松下由樹

也映子のバイオリン仲間。主婦で、小学生の娘が習っているピアノと合奏したいとバイオリンを習い始めた。姑とも同居しており、折り合いをうまくつけられずにいるが、努力を怠らない真面目なところも。

週に1度の教室が息抜きで楽しみ。大人なので冷静に物事を見ることができ、若い2人をおもしろがりながら見守っている。

■加瀬侑人(29):演じるのは鈴木雅之

理人の兄。眞於との婚約中に浮気して、その女性を妊娠させてしまい眞於との婚約を破棄、相手女性と結婚。優しくて女性にはモテるが、行動は粗野な面もある。弟とは反対のタイプで、要領もよい。

■加瀬芙美(23):演じるのは滝沢カレン

侑人の妻。妊娠中でおなかが大きい。侑人の実家で理人や姑と同居しているが、姑との仲も良好で、すっかり加瀬家の一員となっている。

天真爛漫な性格で、ちょっと不思議なことを言う。最近は赤ちゃんの名前を色々考えているが、どれもこれも不思議すぎる名前である。

■久住眞於:演じるのは桜井ユキ

也映子たちが通うバイオリン教室の講師。侑人の元婚約者。美人でおしとやか、人当たりもよく、いかにも男性にモテる女性、といった雰囲気。理人の自分に対する気持ちには気づいていながら、そこには一切触れようとしない。

この他、也映子の元婚約者には森岡龍、幸恵の姑には夏樹陽子が出演決定しています。

出演者のバイオリン演奏も楽しみです。どうやら今年の初めには練習をスタートさせたというから、今頃はもう音がちゃんと出せるようになっているのに、最初は変な音を出さなきゃいけないっていうのも大変ですよね。

吹き替えがありなのかナシなのかもまだ分かりませんが、発表会のシーンは外せないでしょうから、どう演じるのでしょうね?

『G線上のあなたと私』の原作漫画情報や登場人物

ドラマ『G線上のあなたと私』は、「cocohana(ココハナ)」という名前の大人女子向け雑誌で不定期連載されていました。

最初は平成25年1月号の読み切り作品だったものが、人気すぎて連載になったというもので、いくえみ人気が分かりますね。不定期連載だったので、連載終了は平成30年6月号でした。全4巻。

舞台はいくえみ稜さんが札幌在住ということもあってか札幌市。

登場するごはんどころやカラオケ屋さんも、もちろんちゃんと札幌にあります。道産子の私としては、見慣れた場所がそこここに出ているので、見つける度にテンションが上がりました。

ドラマはきっと東京が舞台だと思いますけどね。びっくりドンキーは東京にもあるだろうし。そしてドンキーじゃなくてもいいんだろうし。

登場人物は、ドラマと同じです。

ただ、也映子は原作では25歳で、眞於も同じ学年という設定。

幸恵はもうちょっとどっしりした体型でパートをしていますが、ドラマではパートをしているかどうかはまだ分かりません。

原作では、理人に恋をする大学の同級生・清水結愛が出てきますが、このキャストはまだ発表になっていませんね。出ないのでしょうか。出ないとするとかなり原作とは違う物語になりそうな気がします。

G線上のあなたと私の原作漫画のネタバレ

では、ドラマ『G線上のあなたと私』の原作漫画のネタバレです。

このネタバレを読んでも良いですし、しっかりと漫画を読みたいという方も多いのではないでしょうか?

G線上のあなたと私の漫画は1巻分ならU-NEXTで無料で読むことができます♪

↓↓U-NEXTの600円分のポイントを使って読む↓↓

U-NEXTでは初回登録時に、

『31日間の無料お試し期間』
『600円分のポイントがもらえる』

という特典があるのでG線上のあなたと私の1巻分なら無料で読めちゃいます♪

ちなみに私もG線上のあなたと私の1巻はU-NEXTで読みました(‘ω’)

では、G線上のあなたと私のネタバレに戻ります。

最初のシーンは、也映子が婚約者に頭を下げられるシーンです。

寿退社の当日に「好きな子がいる ごめんなさい」と婚約破棄され、一発彼をぶん殴った也映子。何かスカッとする音楽を聴こうと立ちよったCDショップで流れていたDVDから、聴こえたのが『G線上のアリア』でした。

この曲を弾けるようになりたいと通い始めたのが大人のバイオリン教室。

ろくにまともな音を出せない也映子たちの弾くバイオリンのギョエーという音を聴く眞於の笑顔が印象的です。

初心者歓迎のバイオリン教室・眞於のクラスは、也映子の他にはドラマのキャストと同じく北河幸恵、加瀬理人という3人のメンバー。

歳も離れていて、共通点はバイオリンのみというこの3人、会話のテンポがおもしろいです。

何か間ができると、義姉が言う不思議すぎる甥か姪の名前候補を「どう思いますか」と聞く理人。

そんな彼の切ない恋の行方を見守る年上女性2人は、それぞれの事情を抱えつつも理人の恋の展開をつまみにお酒を飲むというシーンが多くて、こういうのあるあると頷くこと間違いなしです。

やがて、2回目の発表会が終わったら眞於に告白すると言う理人を応援する年上女性2人ですが、也映子はそんな理人を励ましたりなだめたりしながら、自分の中に理人に対する好意が育ってゆくのを自覚します。

その好意が恋だと気づくのは、物語の終盤なのですが、それまでよい仲間として接する中でも時々モヤっとした気持ちを重ねてゆきます。

というのも、発表会を終えて眞於に告白するも瞬殺されてしまった理人に、清水結愛という彼女(?)ができるから。

理人が玉砕されるまで、彼のバイト先に一緒にバイトに入ったりとか、若干ストーカーじみた行動を見せていた結愛が、理人が玉砕したのをきっかけにどんどん押しまくりでどこにでもついてくるようになったのです。

眞於に玉砕してバイオリン教室をやめてしまっても、カラオケ屋さんで個人的に発表会をしようと練習を重ねている場所にもついてきて、そのイチャイチャぶりを直視できなくなって「のっぴきならない用事ができた」と逃げる也映子のシーンが印象的です(しかも実際は母親に頼まれた豆乳と大根を買って帰るというだけの用事)。

そんな日々の中で、也映子は婚活パーティーに出かけます。

参加する時に参考にするのは、いかにも男性ウケのよさそうな眞於の服装や髪形。

そして、何度目かのパーティーでカップル成立した男性と理人の働く居酒屋に行ってしまう也映子。その帰りに、バイト終わりの理人から連絡をもらい、一人で二次会をしているところに彼を呼びます。

そして、そこで婚活相手に対する嫌悪感と、音楽に対する恋しさを自覚した也映子は、婚活相手に断りの連絡を入れて発表会に向けて練習に励むのでした。

この頃から、理人は彼女である結愛に対して気持ちがまったくないということにじわじわ気づき始め、そのことは結愛にも感づかれてしまって、2人は破局。

その日、なんと理人は也映子の自宅を訪ねて、この事態を報告します。これを聞いた也映子も、もしかして私のことが好きなのではないのかと聞いてしまいます。

イマドキ男子の煮え切らない理人は、その場からバイトだと言っていなくなり、残された也映子は激しく反省し、毎度のことながら幸恵に報告してなだめられるのでした。

一方幸恵は、2回目の発表会の時に姑が脳梗塞で緊急入院となり、発表会を断念。代わりにと也映子たちが企画してくれたミニコンサートの練習に打ち込みますが、それが終わってからはバイオリン教室に通うことが難しくなってゆきました。

後日、理人に誘われてごはんに行った也映子はこれまたうっかり理人への気持ちを告白してしまい、しかも理人にはうまく伝わらず、理人がそのことに気付いたのは帰宅後という間の悪さ。也映子は好きとも嫌いとも言われなかったことや、話の流れから告白したことを激しく後悔します。

そのまた後日、後悔の嵐のただなかにいる也映子が、バイオリン教室のレッスンを待っているところに理人がやってきます。

ここで、彼は告白とも告白ではないとも取れる発言をするのですが、也映子には充分に気持ちが伝わり、2人は也映子のレッスン後には手をつないで帰ってゆくのでした。

幸恵は、夫との関係がすでに冷めつつあったものの、時々〝家出″するようになり、夫との関係も修復とまではいかないものの、お互いに尊重し始めるところまで修復。姑との関係もまずまず良好になってきました。しかし、バイオリン教室に通うことは現実的に難しく、彼女もまた教室を去ることになります。

そんな中で、3人が通った教室が老朽化のため取り壊し、教室は移転することが決定。

同時に眞於の結婚も決まり、3人はサプライズでお祝いに演奏をプレゼントしようと企画します。

その計画の準備中には、也映子と理人は旅行に出たり、関係が深まります。

さて、サプライズ当日は、也映子の新しい職場への初出勤日。

準備万端で余裕だと思っていた也映子と、最終チェックをする残りの2人。しかし、なんとその日、職場の人が也映子の歓迎会を開いてくれることになりました。

どうするどうするとうろたえる3人ですが、也映子は顔だけ出してサプライズ会場に駆け付けると言い出します。バイオリンを背負って、走る也映子で終わる物語になっています。

このように、特別に劇的なことが起きるわけではない物語なのですが、登場人物の煮え切らなさや間の悪さなど、ザ・日常生活の中の小さな出来事がつづられたなんとも優しい作品になっています。

ドラマでも、さほど劇的な展開にはならないのだろうと思いますが、そういうドラマこそおもしろいということってありますよね。

正直、理人が途中で結愛とつきあうことになっているのにはびっくりしましたが、でも大学生くらいの頃ってこういうことって多いかも、というリアリティのある仕上がりになりましたし、これが理人のぼんやりと煮え切らないところを際立たせたとも思えます。

G線上のあなたと私の原作漫画まとめ

ドラマ『G線上のあなたと私』の原作漫画のネタバレや登場人物について紹介しました(‘ω’)

也映子の年齢がちょっと原作と開いていたり、きっと少しずつ原作とは違う場面が作られてゆくのだと思いますが、どんな風に展開されてゆくのかがとても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です