G線上のあなたと私のエキストラ募集はある?

TBSで10月から放送が開始されるドラマ「G線上のあなたと私」が早速話題となっていますね(‘ω’)

この記事ではドラマ『G線上のあなたと私』の基本情報と、エキストラ募集があるのかどうか調べていきたいと思います。

G線上のあなたと私の基本情報【キャストや原作】

「G線上のあなたと私」はTBS系列で10月から放送がスタートします。時間帯は火曜夜10時です。原作はいくえみ綾が描いた漫画で、集英社から全4巻発売されています。

「ココハナ」という雑誌で連載されていた作品で、恋愛漫画の代表ともいえるいくえみ綾さんのエッセンスがこれでもかと詰まった作品です。

いくえみ綾さんで主演が波瑠さんとなれば「あなたのことはそれほど」が思い浮かび、ドロドロ系の不倫ものかと考えてしまいます。

しかし、いつもの恋愛系ドラマと異なるのは、登場人物が年齢も立場もバラバラな3人の男女だということです。

バイオリン教室でたまたま出会うのは、中川大志さん、波瑠さん、松下由樹さんの3人。どんな展開になるのか全く予想がつきませんよね!

恋と友情を育んでいくと公式サイトには掲げられており、絡まるような人間関係が予想できますが、悩める大人たちにエールを贈る物語となるそうですよ。

中川大志が演じるのはいまどきの大学生・加瀬理人、不器用でまっすぐな性格ということで、幅広い年代から人気を得そうな予感がしますね。

数々のドラマで主演を務めてきた松下由樹は、北河幸恵というごく普通の主婦を演じます。嫁姑問題に悩んでいる女性であり、小学生の娘を持つという共感しやすい役どころです。

そして主演の波瑠が演じるのは小暮也映子、急な婚約破棄で職と旦那を失ったというどん底にいる女性。

バイオリンという難しい楽器と、人生の荒波に立ち向かっていく人々の姿を描いていきます。自然と共感してしまう等身大の登場人物と、「いくえみ男子」とも呼ばれる不器用なのに応援したくなるようなイケメン男子たちに注目が集まりそうです。

G線上のあなたと私のキャスト一覧!波留、中川大志など
G線上のあなたと私の再放送!地上波で1話~最終回まで
G線上のあなたと私の再放送!地上波で1話~最終回まで

G線上のあなたと私はエキストラを募集している?

現在TBSのエキストラ応募サイトにて募集が開始されています!

9月4日から9月6日まで神奈川・東京・山梨での撮影が決定しています。神奈川県横浜市ではオフィスのシーン、東京ではレストランシーンの撮影が行われる予定です。

20代から40代までの年齢の方を募集しており、4月末の格好をしてくるようにという指示がありました。撮影する季節が違うというのもドラマ撮影ならではのこと。エキストラも俳優の1人なんだという気分になり、洋服選びも楽しそうです。

山梨県甲斐市での撮影は第1話のとても重要なシーンの撮影だと発表されています。大型ショッピングモールでの撮影で、3歳から60代までと幅広い年齢層の方が参加できるロケとなっています。

なんと昼食が準備されており、遠方ですがお得ですよ。2日間に渡って撮影が行われるので、テレビに映るチャンスも多数ありそうです。朝から夜までと長い撮影は大変ですが、今回はどの話に出るのかが発表されており、放送開始が楽しみとなる貴重な体験となりそうです。

エキストラに応募する際に知っておきたいことがいくつかあります。まず、エキストラはボランティアということです。交通費などの支払いもないところも多いです。謝礼がある仕事もありますが、基本的にはないものとして捉えておいたほうが良いでしょう。

俳優さんが必ず撮影にやってくるというわけではありません。俳優さんに会うためだけに応募するとガッカリしてしまうことも。エキストラとして、俳優さんが登場するドラマ撮影に参加できることが醍醐味です。

エキストラの当選確率は、募集人数がたくさん必要なほど高くなります。はじめての応募であれば、たくさんの人を募集している撮影に応募してみるのがおすすめです。

そして、応募の際にしっかりと自分の情報を書き込むことが大切。スタッフに自分がどんな役割を果たせるのか知っておいてもらうと、色々とスムーズに進みますよ!

G線上のあなたと私のロケ地は?

9月上旬に行われる山梨県甲斐市のショッピングモールで行われる撮影について、甲斐市には3つのショッピングモールが存在します。

ラザウォーク甲斐双葉
志田字柿木645−1
フォレストモール甲斐竜王
富竹新田1706−3
アピタ双葉店
志田柿木645-1番地

この中のいずれかでロケが行われる可能性が高いです。山梨県は映画やドラマのロケを積極的に誘致しており、さまざまな場所で撮影が行われています。

板尾創路さんが監督を務め、菅田将暉さんと桐谷健太さんが芸人役を演じた「火花」では、山梨県の山梨英和大学で撮影が行われました。多くの学生や山梨県民が協力したそうです。今回は地元の方も多く撮影に協力してくれるかもしれません。

携帯電話会社auのテレビCM「三太郎」シリーズも、山梨県の北杜市で撮影が行われていることはご存知でしたか?

神社の境内やお祭りのシーン、川べりなど、昔懐かしい風景は山梨県で撮影されていたんです。エキストラ体験とロケ地巡りに、山梨県を訪れるのも楽しそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です