G線上のあなたと私のキャスト一覧!波留、中川大志など

10月から始まるTBS火曜ドラマ『G線上のあなたと私』の主要キャストが決定し、続々と出演者が発表されています(‘ω’)

この記事ではドラマ『G線上のあなたと私』のキャスト一覧、役柄やコメントについて紹介します。

G線上のあなたと私動画1話の見逃し配信【30日間無料】

G線上のあなたと私の基本情報【あらすじや原作漫画】

『G線上のあなたと私』の原作漫画は、大人女子向け雑誌『cocohana』に連載されたいくえみ稜さんの漫画作品です。

いくえみ稜さんと言えば、沢山のドラマや映画の原作を手掛けてらっしゃいますよね。

もはや大御所漫画家さんです(‘ω’)

最近では、映画『アイネクライネ』のコミカライズを担当されています。

これもまたおもしろい。原作は伊坂幸太郎さんですが、そのよさを存分に生かしつつ、いくえみさんらしさが出た作品になっています。

札幌在住のいくえみさんですが、このドラマ原作となる『G線上のあなたと私』の舞台も札幌です。道産子で札幌育ちの私は、出てくるお店ほとんどすべてどこだか分かってウキウキしたのが印象に残っています。

あらすじは、元OLの小暮也映子(27 ←原作では25)が、寿退社の当日に婚約者に婚約を破棄されるところから始まるお話です。

原作漫画では、也映子が聴くのはCDショップで流れていた映画のBGMの『G線上のアリア』ですが、ドラマではバイオリンの生演奏に也映子が遭遇することになっています。
G線上のあなたと私の原作漫画のネタバレや登場人物など

それをきっかけに、仕事も愛も失った也映子は大人のバイオリン教室に通うことを決めます。

優雅な趣味、と思われがちなバイオリンですが、きれいな音が鳴るにはかなりの努力が必要で、その教室には様々な事情を抱えた人が集っています。

会社に通う日々では出会うはずのなかった人々とのつき合い、その生活の苦悩に触れて、育ってゆく友情に、也映子自身もプライドがズタズタになった経験から癒され、新たな力を得てゆきます。

主人公はあくまでも也映子なのですが、たまたま3人のグループ教室となったこの場所に集うのは、北河幸恵(46)、加瀬理人(19)という面々。

パート主婦、学生といった境遇の違いがありつつも、お互いが抱える葛藤に共感しながら同じ曲を一緒に練習してゆく3人の群像劇とも言えます。

幸恵は、ピアノを習っている小学生の娘とセッションがしたいと始めたバイオリンですが、同居している姑との折り合いがかなりよろしくない状態です。

イヤミを言われつつもうまく折り合ってゆけるように努力している様子や、しかしうまくいかなくて葛藤する様子はきっと主婦の心をつかむことでしょう。

理人は、ある事情があってこのバイオリン教室に通う大学生。教室の講師である久住眞於は、兄の元婚約者であり、理人の長い初恋の相手です。

恋い慕う眞於への気持ちから、バイオリン教室に通うことにした理人ですが、住んでいる実家では眞於と婚約破棄してすぐに別の女性と結婚した兄夫婦がフツーに同居。

ちょっと粗忽者な兄、ちょっと不思議ちゃんな兄嫁と、生まれてくる赤ちゃんの姿への葛藤もありますし、理人本人の不器用さからくる恋模様がなんともおもしろいキャラクターです。

バイオリンに打ちこむことで、次第に元気を取り戻した也映子ですが、次第に理人に惹かれてゆきます。その気持ちが恋であるということに気づくのはだいぶ後になるのですが、結婚したいという気持ちがあることに気付いた也映子は婚活に励みます。

その中での発見もまたおもしろいですし、きっと同世代・この世代を過ぎてきた女性には共感するポイントが多いと思います。

原作では、いくつかの発表会が出てきて、その練習風景もこの3人の関係を深めるのに役立っていますが、ドラマでもきっと出てくると思います。

3人のコンサートは、それぞれの事情が絡み合いつつもとても優しいエピソードが満載です。

歳の離れた3人が、どんな風に素敵な音楽を奏でてゆくのか、物語を紡いでゆくのかがとても楽しみな作品ですし、いくえみ作品への出演は『あなたのことはそれほど』から2年ぶり2回目となる波留がどんな演技を見せてくれるか楽しみです。

G線上のあなたと私のロケ地の音楽ホールやレッスン場は?

『G線上のあなたと私』のキャスト一覧

ドラマ『G線上のあなたと私』は、先程もお伝えしたように3人の主人公の群像劇でもありますが、主要なキャストは全部で6人です。

小暮也映子(27)役を演じるのは波留

元OLの現在家事手伝い。寿退社の当日に婚約者に「好きな子がいる」と婚約を破棄され、仕事も恋人も一気に失う。たまたまその日聴いたバイオリンの生演奏に、「この曲を弾けるようになりたい」とバイオリン教室に通うことに。

毎週の教室に行くことだけが楽しみになってゆく。明るい性格で努力家、気遣い上手だがメールを打つのは苦手で、原作でもスマホでうまく文章が打てずに舌打ちをする場面が多い。

バイオリン教室に通うことで失恋の傷が癒えてゆき、婚活を始めようとするがイマイチ気乗りがしない。それというのも、無意識に理人のことが気になっているから。出会った男性とデートしてみるものの、驚くようなことが起きて…?

小暮也映子(27)役を演じる波留さんのコメントはこちら

いくえみ綾先生のマンガは元々好きなので、原作を楽しく読ませてもらっていました。バイオリンを頑張る女性を描くのではなくて、バイオリン教室を通して描かれる人間関係や一人ひとりが影響を受けたり与えたりする姿がとても日常らしくて、面白いなと思いました。私が演じる也映子は、婚約破棄にあって悲劇のヒロインになってもおかしくないのに、お腹が空いたら食べて、眠くなったら寝るっていう姿がリアルで、これから愛していけそうなキャラクターだなと思います。私の人生でまさかバイオリンを弾くとは思ってもいなかったので、今必死に練習中です。やっぱり少し練習しただけでは上手に弾けるものじゃないんだなと痛感しています。日常の中でのちょっとした勇気を与えられるような作品になると思うので、ぜひ楽しみにしていてください!

加瀬理人(19)役を演じるのは中川大志

大学生で、也映子のバイオリン仲間。バイオリン教室講師で、兄の元婚約者である眞於に一目ぼれして以降、ずっと一途に想いを寄せている。兄と眞於が破局してから偶然再会し、恋心が再燃して、彼女が働くバイオリン教室に通うことに。実家の家族にはこの事実は当初内緒にしていた。少々無愛想だが憎めない感じの、イマドキ男子。恋愛に関してはかなり不器用。

加瀬理人(19)役を演じる中川大志さんのコメントはこちら

今回演じる“加瀬理人”は、飾り気のない等身大の大学生。たまに毒は吐くけど、根っこには素直な部分もあって、その飾らない部分を面白く、そしてちょっと可愛らしく演じられたらなと思っています。波瑠さん、松下さんが個性の強いキャラクターをどんな風に演じるのか、初共演のお二人とどんな掛け合いができるか、今からとてもワクワクしています。バイオリンを基礎からしっかり練習したのは初めてですが、視聴者の方が「バイオリンやってみたい!」と思えるような演奏を披露できるよう頑張ります。

北河幸恵(46)役を演じるのは松下由樹

也映子のバイオリン仲間。嫁姑問題に直面する主婦。小学5年生の娘が習っているピアノと合奏したい、というのがバイオリンへのモチベーションだったが、週に1度の教室に通う時間をとても大切にしてゆく。

しかし、姑はそれを快くは思わずに色々な嫌味を言ってくる。その姑との折り合いをどうつけようか工夫の日々。46歳と大人なので、若い2人と時に一緒に騒ぎ、時に愚痴をこぼしながらも、彼らをあたたかく見守るという役どころ。

北河幸恵(46)役を演じる松下由樹さんのコメントはこちら

波瑠さん、中川大志さんとの共演は今回が初めてですので、大人のバイオリン教室で出会い、バイオリンを一緒に習いながら関係を深めていくという役柄に共通する点を感じ、今からとてもドキドキしています。暮らす環境も性格も異なる3人が、音楽を通してどんな風に混じりあうのか、そして演奏を通じて皆の息が合っていくのか、いかないのか…、私自身も今から楽しみです。
きっと毎話、心温まる感覚を感じて頂けるかなと思いますので、ぜひお楽しみに!

久住眞於(27)役を演じるのは桜井ユキ

也映子達が通うバイオリン教室の講師。理人の兄の元婚約者。美人で品があり、おしとやかでいかにも男性にモテそうな雰囲気。

原作漫画では婚活パーティーの時、也映子が参考にして髪型や服装を選んでいるほど。理人の気持ちには気づいているが、そこに触れようとはしない賢明さと残酷さも持ち合わせている。

久住眞於(27)役を演じる桜井ユキさんのコメントはこちら

私が演じる久住眞於は、柔らかくてふわふわしているようで、実はとても芯がしっかりしていて、そしてどこか闇を持っている印象があります。そんなところを大切に演じていきたいと思います。
バイオリンは今回が初めての挑戦で、半年前から教えていただいていますが、とても素敵な楽器なのでうまくなりたいです。バイオリンの講師という役なので、ただ弾けるだけではなく立ち姿からも、プロの方に見られても恥ずかしくないよう終わる頃には頑張ってうまくなっていたいです。
原作の素敵なストーリーや空気感も大切にしながら、ドラマならではの新しい雰囲気をプラスしていければと思います。ぜひ楽しみにしていてください。

加瀬侑人(29)役を演じるのは鈴木雅之

理人の兄。眞於と婚約していたが破棄し、直後に別の女性と結婚。子どもが間もなく生まれる。優しいところもあって女性にモテるが、単純なため繊細なことはよく分からない。行動は粗野なところもある。理人とは逆のタイプで、要領がよい。

加瀬侑人(29)役を演じる鈴木雅之さんのコメントはこちら

今回、中川大志くん演じる加瀬理人の兄・侑人を演じます。キャラクター的にも今まで演じた役とは違う雰囲気ですし、中川くんとは8年前に一度共演して以来、初めての兄弟役なので今から撮影がとても楽しみです。波瑠さんとも2年ぶりに同じ組で再会できてとてもうれしいです。僕にとって、『あなたのことはそれほど』は印象的で大切な3か月になっているので、同じチームに再び呼んでもらえて気合が入っています。

日常のなかで大きな出来事が起こる訳ではないですが、誰もが共感できて、登場人物に感情移入できるようなストーリーになっていると思うので、たくさんの方に楽しんでいただけたらうれしいです。

加瀬芙美(23)役を演じるのは滝沢カレン

侑人の妻。妊娠中でおなかが大きく、子どもの名前をあれこれ考えている日常。

しかし、どれもこれも不思議な名前で、原作では理人が「裸の武士でらぶくん、どう思います?」などと聞くシーンが生まれるまで続いている。侑人の実家で、姑と理人と同居しているが、明るく天真爛漫な性格のおかげか、姑とは仲良しで、すっかり加瀬家の一員としてなじんでいる。

また、幸恵の姑役には夏樹陽子さん、也映子の元婚約者には森岡龍さんが決まっています。

加瀬芙美(29)役を演じる滝沢カレンさんのコメントはこちら

出演が決まった時は夢なんじゃないかと思うくらいびっくりして、ドラマ自体ちゃんと連続して出演したことがないので、とても緊張しています。私の妊婦姿は、皆さん急に見たら驚くと思うのですが、いつもとのギャップを楽しみにしていただければと思います。

”滝沢待ち”にだけはならないよう、絶対台詞は覚えるぞって気合は入っているので、一言一句何がなんでも覚えるよう頑張ります。原作の芙美さんらしく、温かく、こんな家族だったらいいなって思ってもらえるような家庭の雰囲気を出せたらいいなと思いますので、そこに注目していただければと思います。

G線上のあなたと私の渡辺晴香役は真魚

真魚が演じる渡辺晴香は、主人公の一人也映子のいとこです。美容師をしている27歳。

歳が同じで、親友のような関係。晴香はただいま新婚さんなのですが、彼女の結婚式と也映子の結婚式のタイミングが被らないようにと、2人できゃいきゃいと相談していたこともあったというのが原作には描かれていました。

そして、也映子は破談になったけれど晴香はめでたく結婚。原作では終盤に双子を出産することになっていますが、ドラマではどうなのでしょう?

新婚旅行のお土産を持ってくるというのが、原作での初見だったのですが、ちょいちょいと也映子の元を訪れ、時に叱り、時に励まし、也映子の傷ついた気持ちに寄り添うという役どころです。

原作では、叱る時もさほど重くならない彼女との掛け合いがおもしろかったです。ドラマでの出演頻度が楽しみですね。

演じるのは、インディーズ映画『カメラを止めるな!』で話題になった真魚。『カメラを止めるな!』では、監督に「芝居にムラがあるものの、いい芝居をした時のクオリティがスゴイ」と言わしめたことも有名なエピソードです。確かに、この映画ではなんとも言えないお芝居と、すごいなこの人、と思えるお芝居とのギャップがすごかったです。

この作品以降、その独特の存在感に注目が集まり、2019年7月クールのドラマにはいくつも出演していましたね。『ルパンの娘』や『これは経費で落ちません!』など、話題のドラマに出演したことで、ますます知名度を上げた彼女。

このドラマでどんな演技を見せてくれるのかが楽しみです。

村野智史役は森岡龍

村野智史は、初回に登場する也映子の元婚約者です。

婚約中でありながら、しかも也映子が寿退社をしたその日に「今更ごめん。好きな子がいる」と言い出すとんでもない男、村野智史。
也映子にグーで殴られるのが最後かと思いきや、原作では終盤に再登場します。この也映子とのシーンがまた印象的なので、ドラマでもあるかと楽しみにしています。

演じるのは、森岡龍です。

2004年に映画『茶の味』でデビューした俳優さんで、話題になったのは2016年に出演した映画『エミアビのはじまりとはじまり』で演じた漫才コンビ名で、なんとM-1グランプリに出演したこと。特技が漫才という異色の俳優さんです。『舟を編む』や『あまちゃん』『信長協奏曲』にも出演していて、コミカルな演技もシリアスな演技もお手のものの彼。

不誠実なことをしでかす村野を、どんなふうに演じて、どんな風にグーで殴られるのかがとても楽しみです。

清水結愛を演じるのは小西はる

清水結愛は、中川大志演じる加瀬理人の大学の同級生です。

理人のことが大好きで、もはやストーカーではないかと思うくらいの勢いで押しまくる彼女。理人がバイトを始めれば同じところでバイトをするし、理人が招いてもいないバイオリンの発表会にこっそり行くし、学校でもべったり、中盤からは也映子たちとのカラオケ屋練習にもくっついてきます。ものすごく正直な女子で、「理人がやってるから聴きたいと思うだけであって、バイオリンには全然興味がない」というようなことをはっきり言えてしまう人です。

理人と也映子にとって、とても重要な役割を果たすのですが、そんな強烈なキャラクターを演じるのは、小西はる。

彼女は舞台を中心に活躍中の女優さんです。少女劇団いとをかしに所属していて、多くの公演を行っています。東播磨をPRするCMにアイドル役で出演し、その反響から実際にその架空だったアイドルグループが2018年10月にデビューしたことでも話題になりました。

ものすごくかわいいとネット上でも話題を呼び、NHK大河ドラマ『いだてん』21話にも出演しています。

結愛のキャラクターは、うっかりすると観ている人に「うわー」と思わせてしまうような勢いがあるのですが、彼女のかわいらしさと芯の強さで素敵なキャラクターに仕上がると期待しています。

北河弘章を演じるのは小木博明

こんなところで小木が!と思われる方もきっと多いはず。

主人公の一人、北河幸恵の夫・北河弘章を〝おぎやはぎ″の小木が演じます。

弘章は、浮気したのが幸恵にバレてしまい、そのお詫びにバイオリン教室に通うことを承諾するという、いわゆるダメ夫です。

同居している実母と幸恵との関係に気をもんではいるけれど、直接は関わってこないし、原作では終盤まで〝いてもいなくても一緒″な感じ(むしろいた方がストレス)の夫として描かれています。

原作終盤では、幸恵が起こすアクションで少しずつ態度が変わってゆくのですが、ドラマではどんな展開になるのでしょう?

演じる小木は、姑と同居していることで有名ですよね。姑はあの『さとうきび畑』で有名な森山良子。結婚以来、義弟である森山直太郎とも同居していたようですが、現在直太郎は別居、義母の森山良子と二世帯住宅で同居しています。なかなかよい婿だという評価のようですが、ダメ夫の弘章をどう演じるのでしょうか。楽しみですね。

北河由美子を演じるのは、夏樹陽子

幸恵の夫・弘章の実母で、同居する姑です。

口うるさいタイプのお姑さんで、幸恵がバイオリン教室に通うことを快く思っていません。ご近所との噂話では毎回幸恵の悪口をあれこれ言っていますし、そんな様子を孫からはかなり疎ましく思われています。

原作では、幸恵にとって大事な日に、ある出来事に見舞われ、そこから態度がちょっとずつ軟化してゆくという役どころ。しかし、軟化すると言っても分かりやすく態度が優しくなるというわけではないクセ者です。

そんな由美子を演じるのは、夏樹陽子。

もう大女優という代名詞がぴったりな彼女は、なんとジュエリーデザイナーでもあるそう。モデルとしても活躍しているので、知らない人はきっといないはず。

現在66歳の彼女が、10歳年上の由美子を演じるとあって、きれいなお肌にどんなメイクが入るのかも見どころですね。

北河多実を演じるのは、矢崎由紗


幸恵の娘・多実は小学5年生のピアノが好きな女の子です。

快活で人当たりもよく、賢い彼女。母の幸恵のよき理解者であり、也映子たちのよき友人でもあります。一方で、母親を悪く言う祖母をうまくあしらい、父親に対してもそれなりによい距離感を保つ優れモノ。

也映子たちの練習につきあって伴奏したり、個人的な発表会でも伴奏・集客と活躍します。也映子たち不器用な大人達の抱える〝事情″を楽しんでいるところもある、イマドキの女子小学生。こんな〝小さな友達″がいたらいいな、と思わせるような存在が多実なのです。

そんな多実を演じるのは、2歳から活躍している人気子役・矢先由紗です。

彼女の出演作で、おそらく一番知名度が高いのはNHKの朝ドラ『半分、青い。』の楡野鈴愛の幼少期役でしょう。

天真爛漫な鈴愛を、とても上手に演じた彼女ですが、それ以降もいくつものドラマに出演しており、直近では『ボイス 110緊急司令室』の9、10話に出演しました。

登場人物の心の機微を表現するのが上手な彼女が、明るく気遣い上手で力を抜くところも分かっている多実をどう演じるのかが楽しみですね。

G線上のあなたと私の子役(北河多実)は矢崎由紗!かわいする件

庄野眞盛を演じるのは、永野宗典

也映子たちが通うバイオリン教室の受付のお兄さん・庄野。

教室が始まる前に、受付前の場所でたむろしておしゃべりに興じたり、一人で落ち込みまくる也映子や幸恵、理人達をあたたかく見守る役どころです。

庄野自身は、原作ではほとんどしゃべっていないのですが、勝手にどんどんしゃべる也映子たちをひたすらあたたかく見守っています。バイオリン教室に関わる人達にとって、ちょっとオアシスみたいな存在なのかもしれません。眞緒も庄野のところに来て色々おしゃべりしているシーンが原作では多いのです。ちょっとしたおしゃべりで築かれる関係って、なんかいいですよね。

そんな穏やかな青年・庄野を演じるのは、永野宗典です。

舞台出身の俳優で、現在41歳。演じる庄野とは6歳差ですが、変幻自在な演技を見せる永野なので違和感なく演じるのでしょうね。

お笑いを目指していたこともあるためか、コミカルな演技も得意で、かと思えば強烈なアドリブをして作品に爪痕を残してきた永野。『本能寺ホテル』での豊臣秀吉役、『UDON』での階段落ちのシーンなど、印象深い役をこなしています。

そんな永野が、「ふつうにいい人」、あるいは「特徴もないのに印象的」な庄野を演じるのは、なんとも楽しみです。

主要キャスト6人以外にも、重要な役どころとの関係を示した相関図がサイトにはUPされていましたが、これはなかなかの人口密度です。
こんなに沢山の登場人物が相関図になるのって、朝ドラくらいだと思っていました…。

でも、ちょっとすごいなって思ったのは、見やすさに工夫がされていて、家族は一列になってたりとか、関係が深くなる人がものすごく近く配置されていたりとか。

たとえば庄野って、ナゼここ?と思われるかもしれませんが、原作を読んでみるとここである理由が分かります。私は原作を読みまくったので、「なるほどねー!」とニヤニヤしちゃいました。

さらにおもしろかったのは、久住眞緒からの加瀬理人に対する矢印に、「迷惑」って書いてあること。分かりやすいけど、そんな迷惑な相手にバイオリンを教える眞緒の心情を、桜井ユキがどう演じるのかも楽しみです。

G線上のあなたと私のキャストまとめ

ドラマ『G線上のあなたと私』のキャスト一覧について紹介しました!!

このドラマの原作漫画は、4巻まで続いたのですが、この中で大きな事件はさほどありません。

日常生活の中で起きる、「ちょっとした出来事」程度の事件がちょこちょこと起き、日々を淡々と過ごしながら、ちょっとずつ変わってゆく庶民の生活が描かれた、ほっこりした物語です。

婚約破棄という悲劇でも也映子は悲劇のヒロインのように打ちひしがれて暮らさないし、失恋しても嫌味を言われても登場人物たちは時々教室をサボったりしながらバイオリンを続けます。

でも、毎日の生活の中に音楽や趣味があるとちょっとウキウキするように、友達と会うとちょっと元気になるように、そんな「ちょっとした」力がちりばめられた作品になるのではないでしょうか。

TBSの火曜10時の枠は名作ぞろいですから、そこからも期待感がどうしたって高まりますよね。始まるのが楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です